所沢市で整体をお探しなら、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩5分の川口整体院へ!健康情報や院長の独り言などを載せていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レントゲン撮影時の妄想

2009.08.27
肩こり、腰痛、慢性疲労♪ 
東所沢駅から徒歩5分、川口整体院・院長の川口でございます。


最近、右腰が痛いのです。
なぜなのかはよく分かっています。


整形外科で行うマッサージの姿勢が悪いのです。


以前の会社にいたときに使っていたベッドとは、高さや幅が違うのと、
マッサージのスペースが少し足りないため、


前のめりというか、前屈みというか、右脚を突っ張った状態で
上体を維持していることが多いからだ。


自力でケアすることもできるのだが、
せっかく整形外科のマッサージスタッフとして働いているのだから、


診断をしてもらい、リハビリを受けることにしてみました。


まずはレントゲン撮影。


白衣を脱いで、撮影用のガウンを着用する。


このガウンを着用すると、スタッフから患者さんの気分になるのが不思議です。


ガウンを着た自分を想像してみる。


ん~、すっかり患者さんになりきりました。


そこから、サラミ・・・いや、さらに私のイメージは飛躍する。


そう、ガウンといえば、アントニオ猪木さん。
テーマソングが私の頭の中を駆け巡る。


レントゲン室内にある椅子に腰かけて、妄想が始まる・・・。


そこは、千代田区の日本武道館。


中央に設置されたリングに向かう花道の奥に私達がいる…。


目の前の大きな扉の先には、数万人もの観衆が今か今かと私の登場を待っている。


私の心臓の鼓動は、自然と高まり、
その鼓動に合わせるようにヒンズースクワットが行われる。


あっという間に、20、30とスクワットをこなしていると、


どこからか、出陣の声がかかる。


私は両の手で、パシっと顔面を叩き、気合いを注入、
「シャー」とも「ラー」とも聞き取れるような掛け声とともに、歩きだす。


付き人が、私の前の大扉を押し開ける。


開かれた扉の奥からは、眩いばかりの照明の光が、私の眼の奥を刺激する。


そして、大音量のテーマソングと大歓声が鼓膜を激しく震わし、
私は一歩、また一歩と足を進ませる。


私は大観衆の歓声の中に姿を現し、私に当たるスポットライトの光線が3つ4つの影を作りだす。


そんな場面を妄想していると、
看護師さんがレントゲンの用意をしてドアを開け、レントゲン室に入ってくる・・・。


たちまち私は、現実の世界に戻され、
そんな妄想の世界に入りきっていたことなど、何もなかったかのように、
腰の痛い患者さんとなって、私は看護師さんの指示に従いました。


撮影は腰椎、骨盤部を「前面」「側面」「側面の前屈」「側面の後屈」の角度で撮りました。


「息を吸って~、はい、止めて~」の掛け声に合わせて、息を止めます。


そこで、パシャリ。


撮影が終わり、待合室で待っていると、問診室に呼ばれました。


そこには、先ほど写したレントゲン写真が4枚あります。


腰椎の4番5番の間と、5番仙骨の間の椎間板が少し薄くなっていると言われ、
軽いヘルニアとの診断をいただきました。


私が見た感じでは、腰椎の左右へのずれはほとんどないのですが、
骨盤の右上がりが確認できました。


まぁ、この辺は自分で触った感覚がそうだったので、再確認という感じです。


股関節の位置関係を見てみたかったのですが、
そこまで写っていなかったのが残念でした。


リハビリは、腰の「けん引」と「低周波」がつきました。


しばらくの間、このリハビリを続けてみようと思います。


そして、いつかはリングの上に・・・。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

川口整体院の院長

Author:川口整体院の院長
東京都あきる野市出身

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。