所沢市で整体をお探しなら、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩5分の川口整体院へ!健康情報や院長の独り言などを載せていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくしゃべる・・・

2009.07.24
肩こり、腰痛、慢性疲労♪ 
東所沢駅から徒歩5分、川口整体院・院長の川口でございます。


整形外科や整体院に来た患者さんが、自分の知り合いを見つけると、
そこは、井戸端会議場に早変わりする。


そして会議は、礼儀正しく、あいさつから始まり、「どこが悪いの~」「いつから来てるの~」と何気ない話から、会話は風雲急を告げる展開を見せる。


例えるならば、


滑走路から飛び立つ飛行機の如く、
少しづつ上空にあがっていくような、会話の展開は見せない。


それは、UFO(未確認飛行物体)の如く、
あっちに現われてはいなくなり、どこへ行ったのかな~っと探していると、
こっちに現われる・・・。そんな展開を見せるのだ。


朝一番の時間帯。


整形外科のリハビリ室は、第一井戸端会議場、第二井戸端会議場、第三井戸・・・。
と、あちらこちらで会議が開かれる。


そして、時には本来の目的(治療)を忘れて、大いに盛り上がり、宴会場と化する時もある。


そこで、私は言いたい。


「あなた達はここに、治療をしに来たのですから~~~~!!!」
(ちょっと人切り侍風に)


そして、その宴会場に、時々乱入するスタッフIさんとKさん。
火にガソリンを注ぐかのように、相の手を打ち、話を盛り上げる。
内容は下ネタに走ることが多いのだが・・・。


そこで、私は言いたい。


「あなたたちはここのスタッフなのですから・・・、(下ネタって)・・・」
(ちょっと、ヨン様風に)


あっ、Kさんは私ではありません。


今日の川口整体院。
そんな会議場が一つ出来上がりました。


毎週来られる、TさんとOさん。
いつも同じ日に予約を入れる。


Tさんの施術が終わると、Oさんの番になるのだが、
Tさんはすぐに帰らずに、施術中のOさんと会話を楽しんでいる。


どうも、川口整体院を会議場としているようだ。


しかし、この二人、よく電話で話をするらしい。
それでも会話は止まらない。
そんなに話すことあるのかな~と思っていると、あることに気づく。


一つの議題について、何週にもかけて話題に上るのだが、
出だしから始まり、話の展開、結論などががほとんど変わらない。


まるで、ドリフかお笑いのコントのように同じなのだ。


いや、会話全体を見渡せば、すべてが同じということではない。
色々な話をしているのだが、身近な出来事で一番の関心ごとなのだろう。


時にはある関連性を持った会話から、議題が上り、
また、ある時には、唐突にその議題が上がったりする。


そして、以前見た、DVDを再生するかのようなコントが始まるのである。


また、不思議なことに会話が成立していないことも多い。
どう考えても、話がつながらない。


会話の途中で、自分の言いたいことが思いついたら、関連性がなくても割り込んでくる。
そんな感じだ。


それでも、会話が続いている・・・。


私はつい、心の中で突っ込みを入れる。


「なんで、ここで、その話やねん!!」





先日、内科の先生が言っていたことを思い出す。


後天的な病気は、ほとんどが生活習慣から来るものだろうと。
悪い習慣からくるストレスを受けて、人間の体の中で作られる活性酸素が原因なのだろう、
という話をうかがった。


そして、そのストレスを発散する一番の方法も伺うことができた。


ある国の研究で、ストレスを発散する行動を調査したそうだ。


ストレスの発散というと、
暴飲暴食に走ったり、カラオケをしたり、音楽を聴いたり、海に行ったり。
個人がそれぞれにあった発散法というものを、持っていると思うのだが。


その調査の結果で一番効果が出たのは、
意外なことに「感謝」することなのだそうだ。


「感謝するって、どうやるの?」って感じだが、実験ではこんなことをしたそうだ。


その日に起こった出来事の中から、感謝することを色々見つけ出し、
それに対して感謝の言葉を言うのだそうだ。


なんとなく宗教的な感じがしますが、そうではないらしい。


自己中心的な人には難しそうな話ですが、
両親や、周囲の人たちのおかげで、自分が生きていると考えている人ならば、できそうですよね。
対象を人だけでなく、虫でも物でも置き換えて、考えればよいのですから。


そうすることで、ストレスが発散されるのだったら、ちょっと試してみようと思います。





話を戻して、「感謝する」こと以外にも、ストレスの発散はできる。
それが井戸端会議なのだろう。


井戸端会議に出席した人たちにとって、物理的な治療することよりも
無意識的に、精神的な治療を優先しているのだろうか・・・。


川口整体院にできた井戸端会議場。
Oさんの施術が終わっても、まだ続いています。


いつもは、すぐに帰るのに、今日に限ってはこんなことを聞いてきました。


「この後は患者さんいませんか?」


私が、「いませんよ」と答えると、「10分だけ話をしていて、いいですか?」というのです。


もちろん「いいですよ」と答えて、私はこのブログを書き始めました。


そして、会議が再開されてから、40分。


会議は終了し、彼女たちは帰宅して行きました。


でも、外は大粒の雨、さっき帰っていれば雨は降っていなかったのに・・・。


チャン、チャン。








スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

川口整体院の院長

Author:川口整体院の院長
東京都あきる野市出身

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。