所沢市で整体をお探しなら、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩5分の川口整体院へ!健康情報や院長の独り言などを載せていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと!本物のキノコが

2009.06.22
東所沢駅から徒歩5分、川口整体院・院長の川口でございます。


以前のブログで、キノコの山シリーズのタケノコが、
マンション駐車場の入口の所に、生えていた(?)なんて記事を載せましたが、


今日、その同じ場所を見てみたら、本物のキノコが生えていました。
証拠写真はこちら↓

キノコ1
手前の縁石の所に密集しています。


ふつう、キノコって湿気が多く、
陽の当たらないところに、生えるものだと思ってました。


この場所は、晴れていれば、ガンガンに陽が当たります。


まぁ、梅雨に入り、最近は雨か曇りの日が続いたからかもしれません。
梅雨明けまでの短い命かもしれないので、
姿かたちを残しておこうと、アップの写真も撮りました。


キノコ2


しかし、なんでこんな砂利が敷かれている所に生えたのでしょう?


栄養なんかなさそうなのに、
もしかして、砂利の下には富栄養層からなるおいしい土があるのか?


そういえば、実験していたなぁ大学で・・・。
私の専門は、畑の土、土壌の物理性でした。


「肥料三要素(窒素、リン酸、カリウム)が土壌に与える物理性について」
なんて論文を提出した記憶がある。


はたして、それが論文と呼ぶのにふさわしいのかは疑わしいが、
化学肥料が土壌の団粒構造を、著しく悪くすることだけは言えました。


最近読んでいる本で、
福岡正信さんの「自然農法 わら一本の革命」の中には、
福岡さんが実証してきた、自然農法の素晴らしさが書かれています。


自然農法は耕さず、草もとらず、肥料もやらず、しかも多収穫!とある。


従来農業(有機農法も含む)はすごく手間暇かけて、大変な思いをしているが、
自然農法に比べると、収穫量が少ないとか。


自然農法のポイントは、藁(わら)と緑肥としてのクローバー。
まぁ、詳しい内容は「自然農法」で検索してくだされ。


自然農法を続けていると、
農地の土壌の物理的な構造が、すごく理想的な状態になるらしい。


いつか、土地付き一戸建ての家を買ったら、
家庭菜園を自然農法で、やってみようと考えている川口でした。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

川口整体院の院長

Author:川口整体院の院長
東京都あきる野市出身

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。