所沢市で整体をお探しなら、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩5分の川口整体院へ!健康情報や院長の独り言などを載せていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいお仲間が登場!

2009.06.21
東所沢駅から徒歩5分、川口整体院・院長の川口でございます。


今日は、わが整体院にやってきた、新しい仲間を紹介しましょう。


はるばるインドネシアからやってきたー、


衝立くんだー!


(ドンドンドン、パヒューパヒュー、よっ!大統領!)


到着して早々で申し訳ないが、早速仕事に取り掛かってもらう。
彼の任務は、トイレットに出入りする患者さんの姿を、
その大きな体で隠してもらうこと。


ただ、一人では可哀相なので、前任のパキラくんとベンジャミンさんにも共同で、
任務にあたってもらいます。


衝立(木)


これで、璧を完うすることができるでしょう。
患者さんも、思う存分、用を済ますことができます。


この籐スクリーンは、Kさんからの寄贈でした。
大切に使わせていただきます。
謝謝!


さて、璧を完うするとは、完璧ということ。That's perfect !


かんぺきの「ぺき」は壁ではなく、璧です。
下の部分が、土ではなく玉なのです。


皆さん、ご存知でしたか?


これは、完璧の故事を知ると、なぜ土ではなく玉なのかわかります。


それは、今を溯ること大昔(BC3世紀の前半ごろ)、中国でのお話。
当時の中国では、全国統一を目指し、複数の勢力がしのぎを削る戦国時代でした。


秦国には、始皇帝のおじいさんが秦王として君臨していました。


その秦王が隣国の趙国にあると言われる、
伝説の宝玉「和氏の璧」を、自国の城15個と交換したいと要求したことから始まります。


その後のやり取りで、完璧の言葉が生まれました。


そこで活躍したのが、趙国の使者である藺相如。


この人物、「完璧」の出来事の後、趙国の宰相まで登りつめますが
国を守るための行動が、とんでもなく素晴らしい。


司馬遷「史記」の中に出てくる、登場人物は大変魅力的な人が多いのですが、
藺相如は私の中で、5本の指に入ります。


故事を紹介しようと思いましたが、
私には文才がないため、短くまとめられませんでした(大涙)


完璧の故事と藺相如の活躍が知りたければ、
「和氏の璧」と検索してみてね!


そんなこんなで、今日も勉強しましたね。
See you next time! Bye.
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

川口整体院の院長

Author:川口整体院の院長
東京都あきる野市出身

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。