所沢市で整体をお探しなら、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩5分の川口整体院へ!健康情報や院長の独り言などを載せていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急車で運ばれて・・・。

2011.05.31
ブログをご覧下さり、誠にありがとうございます。

ただ今、予約をお受け出来ない状態です。
詳しい理由は「休診のお知らせ(1)」をご覧ください。

                  平成23年5月31日     川口整体院 院長 川口 教


肩こり、腰痛、慢性疲労♪ 


所沢の整体といえば、東所沢駅から徒歩5分、川口整体院の川口でございます。


〈「その時、何が・・・。」の続き〉


午前0時30分。


静まり返った東所沢3丁目にある私のアパートにて、ダイヤル『119』を終えたあと、すぐに救急車のサイレンが聞こえ始める。


「そういえば・・・」と、すぐちかくの4丁目に消防署の分署があることを思い出しました。


すると、あっという間の2~3分位で、アパートのところまで救急車がやってきました。


救急隊の人が車から降りて来るのが見えたので、アパートの2階のところから、「私が呼びました」と声をかけました。


Tシャツ一枚では寒いと思い、冬物のジャンバーを羽織り、玄関の戸締りをしてゆっくりと階段を下りていくと、隊員の一人が、「患者さんは?」と言うので、私は「私です」と答えました。


私がしっかりと歩いて、話の受け答えもしっかりしていたせいか、隊員の人は、重症患者ではないと判断したのでしょう。


張り詰めていた緊張感が緩んだように感じました。


(いやいや、私はもうちょっと重症な患者なのね・・・)と心の中で話しながら、私は自転車で転倒して、骨を骨折したように感じることを説明すると、


「とりあえず、病院に行きましょう」ということになり、救急車に乗り込むことになりました。


救急車の中に入ると、担架のところに横になってくださいと言われました。


私は担架に腰掛けて、仰向けになろうとしましたが、激痛が背中に走ります。


何度か試みたのですが、どうしても仰向けになることができません。


「それなら、座っていてもいいですよ」と言われたので、狭い救急車の中を救急隊員の人と向かい合うような形で座り、救急車は動きだしました。


救急車の中にいると、サイレンの音は耳を付くような大きな音に感じられます。


(こんな夜遅くにこんなにうるさい音を出させてしまって、ごめんなさい)と周辺の人たちにちょっと申し訳なくなりました。


救急車の中で、もう一度、事情を説明すると、


「頭は痛くないですか?」「眩暈、吐き気はしないですか?」と聞かれます。


特に症状がなかったので、「今のところ、何もないですよ」と答えました。


その後、しばらくやり取りをした後、


主な症状として、「上半身に力が入りガチガチになって、異常な寒さを感じます」
「あと、胸を強く打った痛みで、呼吸がし難い感じがします。」と話をすると、


隊員の方は、私の胸郭(胸部)を両手で左右から挟み込むように、圧迫をしてきます。


「どうですか?痛みは出ますか?」と聞いてくるので、


変な痛みは感じなかったので、「特に痛みは出ませんよ」と答え、


「これ、なんの検査ですか?」と私が聞くと


「折れた肋骨が内臓に刺さっていないかの検査です」とのこと。


それから2~3の質問に答えたあと、「出血してきたね」と言われ、大きな絆創膏を顔に貼られました。


(出血・・・!なんですと!)


それまで、顔を怪我していたなんて、まったく気づかなかったのですが、
救急隊の人に、右側の額と頬、左側のアゴのところに擦り傷があると言われました。


しばらくして、「もうすぐ、病院に到着しますね~!」と言われ、
私は所沢市にある○○病院に運ばれました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

川口整体院の院長

Author:川口整体院の院長
東京都あきる野市出身

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。