所沢市で整体をお探しなら、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩5分の川口整体院へ!健康情報や院長の独り言などを載せていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下田海中水族館

2011.01.04
肩こり、腰痛、慢性疲労♪ 


東所沢駅から徒歩5分、川口整体院・院長の川口でございます。


新年がやってきましたね。


冷たく澄んだ空気の中、今年も初日の出を拝みました。


今年も良い年でありますように・・・、と。


新年早々、私は汚れきった心身を浄化させようと
皆様に公言していた下田に行ってきました。


(いつ、公言したかは不明・・・)


下田といえば、ペリー来航。


年末の福山雅治さんの断髪式ライブをテレビで見ましたが、


幕末ブームが流行りの昨今。


下田も『黒船ぜよ!!』と騒ぎたてているのかと思いきや、そんなこともなく、港の観光地「下田」という感じ・・・。


ちょっと期待外れ。


正月一日だというのに、お正月の雰囲気もあまり感じず、


日本はどうしてしまったのだ!?と思ったのは、私だけではあるまい。


私が小さなころ、お正月といえば、街のお店はどこもお休み。


年末に食料やなんやと、買いだめをしていたこと思い出す。


そして、各家々ではお飾りが掛けてあり、神社の近くを通れば、笛や太鼓の音色が聞こえてくる。


テレビ番組もお正月ならではの番組が多く、全国各地の神社仏閣、落語、もちつき、かるた、書き初めなどなど、日本の古き伝統・文化を伝える番組が多かった。


当時の私は、幼心に「つまらない番組が多いな」なんて思っていたが、この年になってみると、日本の伝統文化を知る良い機会であったと思う。


そんなこんなは、さておき、


汚れきった心身の浄化を目的に下田に来たものの、何もせずに帰ることはありません。


下田には「下田海中水族館」があるのです。


入り江をうまく利用した水族館は、イルカと泳いだり遊べたりする数少ない水族館だそうで、


お子様連れの家族には、とても良いところだと思います。


もちろん、イルカやアシカのショーも人気で、当日も観客は大入りでした。


こんな時、施術家川口は写真家(?)川口に変身する。


愛機は、パナソニックのDMC-FX33 


店頭ではLUMIXという名前で見かけることができる、ただのデジカメだ。


写真を写す時、動かない風景などを撮るのは、誰にでもできることだが、動く被写体をしっかり写すのは、至難の業だ。


しか~し、そこが、何茶ってカメラマン川口の本領が発揮されるところでもあるのです。


午後の2時。


観客席でショーが始まるのを、缶コーヒーで暖をとりながら待つ川口。


もちろん、この男が観客席で座って見ようものなら、後ろの人の迷惑になるので、一番後ろの立見席の中央に陣をとる。


しばらくして、明るく元気な声でショーの始まりを告げるアナウンスが鳴り響き、ショーが始まった。


そして、明るく元気な調教師さんが、アシカと登場し、○○君(名前忘れた)を紹介。


合図とともに色々な芸の披露される。


ボール使った芸をしたり、合図に従って観客席の近くまで来て吠えてみたり・・・。


しかし、この段階では、写真家(?)川口のシャッターボタンに添えられた右手人差し指は動かない。


やがて、舞台右手の飛び込み台にアシカが上りました。


どうやら、合図とともに飛び込むようだ。


これはチャンスと、標準を飛び込み台のアシカに合わせる。


そして、その時がきた。


合図とともにアシカが飛び込む。


私の右手人差し指もシャッターボタンを押した。


私のイメージは、空中でアシカを捕えているはずだったのだが・・・。


アシカ失敗


なんと、失敗(泣き)


むなしく写る水しぶきが、何かが飛び込んだことを証明している。


やはり、動く被写体の撮影はむずかしい。


アシカのショーが終わると、今度はイルカのショーが始まる。


カマイルカのトットとハートの登場だ!


イルカショーといえば、水面から飛び出すジャンプが見ものだ。


アナウンスでも、「観客席の前のほうの人は、必ず濡れます」と言っていた。


ここで、写真家(?)川口は、気を引き締める。


アシカの二の舞になっては、今年一年の始まりとしては、あまりにも縁起が悪い。


そして、イルカのショーが始まった。


投げ輪で遊んだり、観客席から一人子供を舞台に上げ、握手をしたり、水上ウォークをしたり・・・。


しかし、それでは私の指は動かない。


しばらくして、その時はやってきた。


調教師さんが手を挙げて合図をすると、イルカが水面を飛び出してきた!


思った以上の大ジャンプである。


その時を待ってましたと、タイミングをはかってシャッターを押す。


次々と繰り出すジャンプ芸に、観客席のお子様たちは大盛り上がり。


そんな会場の中に冷静な男が一人。


調教師さんの合図と、イルカの飛び出しを観察する。


そして、空中のイルカをとらえた写真がこれだ!


イルカのジャンプ1


どこにいるかわからない方のために、写真を拡大すると・・・。


イルカのジャンプ2


調教師の左手上方にイルカの姿を見ることができる。


見事な写真だ!(自画自賛)


欲を言うと、尻尾が少し切れているのが、残念だ。


さらに拡大すると


水族館 イルカのジャンプ2の1


ここまで拡大されると、うそっぽい合成写真か何かに見えてしまう・・・。



そして、次々とジャンプ芸が披露される。


イルカのジャンプ3


うぉ!これは、HPやチラシ、パンフレットにも使えますよ!


もちろん、川口整体院のでなく水族館のだが。


イルカのジャンプ4


この写真は、両端を切って、少し拡大しているが、調教師とイルカの位置関係が絶妙です!


まぁ、こんな感じで、アシカのリベンジを果たした何茶ってカメラマン川口でした。


写真も満足できるものが撮れましたので、幸先も良好という感じですかね。


そんなわけで、今年も、川口整体院をよろしくお願いいたします。


アシカの幕引き


所沢の整体院長の川口でした。


チャンチャン。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

川口整体院の院長

Author:川口整体院の院長
東京都あきる野市出身

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。