所沢市で整体をお探しなら、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩5分の川口整体院へ!健康情報や院長の独り言などを載せていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある戦い。

2010.11.26
肩こり、腰痛、慢性疲労♪ 


東所沢駅から徒歩5分、川口整体院・院長の川口でございます。


朝、目が覚めた。


何か違和感がある。


昨夜は、12時前には布団に入って、睡眠時間は十分なはずだ。


・・・。


つらの皮が重い・・・。


むくんでいるのか?


鏡を取り出して、覗き込んでみる。


う~~~む。


・・・、ちょっとひどい。


髪もボサボサだし、前髪は残念だ。


まぶたが重い。


目が乾燥しているのか、ちょっと開けずらい。


頬が重い。


胡坐をかいた脚のところに鏡があるから、顔は下を向いている。


つらの皮が頬の重みに耐えられず、地球の中心部に引っ張られている感じがする。


顎の下にあごがある。


いわゆる二重あごという奴だ。


首との境があるから、まだ良しとしておこう。


ひげは・・・、そんなに生えていない。


丸一日たつのに、あまり気にならない。


さすが、「ジレット フュージョン5+1」の深そりは違う。


左こめかみのところには、縦に長いしわが付いている。


表情筋によるしわとは、明らかに違う。


漫画のようなモノクロ二次元的に表現されれば、ちょっとカッコいいのかもしれないが、
カラーで三次元的に表現されている顔には、ちょっと変。


寝ぐせ、いや、寝じわ・・・。


じっくり、まじまじ、老け顔の鏡の中の自分をじーっと見ていると、


ん?


やはり、何かが違う。


いつもと違う。


何が違う?


と自問自答。


・・・。


右目が違う!


明らかに違う!


なんじゃこりゃ、状態でした。


まぶたが開ききらない状態では、気づきませんでしたが、
目が冴えてきたら良く分かる。


まぶたが腫れている。


ちょっと触れてみる。


痛くはない。


少し、赤みがあるが、見事に膨らんでいる。


モノモライか?


まぶたの縁や裏を見てみるが、特に問題はなさそうだ。


顔を斜めから見てみる。


右目のまぶたが、まつ毛の上に覆いかぶさっている。


まつ毛、全く見えず。


汚れた手で目を掻いて、バイ菌でも入ったか?と思ったが、
まぶたの裏や白目の部分に充血は見られない。


昨夜のことや今朝のことを思い返す。


・・・。


そういえば!


今朝がた、モスキートの襲撃を受けた気がする。


そして、自分の顔を重いっきり、平手打ちしたことを思い出す。


蚊に血でも吸われたなら、ちょっと納得。


でも、この時期に蚊が飛んでいるのか?と思って、あたりを見渡してみた。


私が今住んでいる部屋は、白い壁になっている。


蚊とかハエとかがとまっていると、結構わかる状態だ。


まさか、いないだろうと思ったが、一通り見てみた。


そしたら、いた!


本当に、いた!


しかも、枕元から50センチくらいのところ。


なにやら、じっとしている。


たっぷりと血を吸いこんだのだろう、お腹が膨れている。


すると、私の自律神経のスイッチが突然入れ替わる。


副交感神経→交感神経。


こんな感じだ。


そしたら、何かが降りてきたかのように、腕には力がみなぎってくる。


指には力が入る。


関節も良く曲がる。


私は布団の上で、モスキートに気配を悟られないよう、カメレオンのように臨戦態勢を整える。


そして、その時が訪れる。


私は、ジェット・リーが乗り移ったかのごとく、強烈な打撃を繰り出した。


「フォ、アチャ~~~!」(←心の中の奇声)


私は勝利を確信した。


それは、二頭並んでゴール板を過ぎた時の騎手には、どちらが勝ったかわかるという感覚に近い。


ゆっくりと壁から手を離してみる。


そこには、私のものと思しき血液の跡がしっかりと。


・・・。


やはり、君だったようだね。


戦いを終えた私は、こんな寒い時期を何とか生き残ろうとした、このモスキートに同情しつつも、


まぁ、これも運命だと思ってくれと、手を合わせました。


「南~無~」














スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

川口整体院の院長

Author:川口整体院の院長
東京都あきる野市出身

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。