所沢市で整体をお探しなら、JR武蔵野線東所沢駅から徒歩5分の川口整体院へ!健康情報や院長の独り言などを載せていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一升瓶

2010.03.04
肩こり、腰痛、慢性疲労♪ 
東所沢駅から徒歩5分、川口整体院・院長の川口でございます。


先日のブログで、ちょっと触れたことなんですが、
私、少し前に人生初のことをしてしまいました。


最近は、お酒を飲んでも次の日に影響することがなくなるほど、
体の調子が良くなってきました。


なので、晩酌として、湯飲み一杯の焼酎をいただいております。


仕事帰りにオザムによることがあると、毎回、お酒のコーナーへ。


オザムに置いてある、手ごろな焼酎は一通り、「クイッ」といかせていただきましたが、
それで、私には麦焼酎が一番合っていることが判明しました。


なので、現在の私のレベル(いろんな意味でのレベル)では、「いいちこ20°」が一番。


900mℓの瓶で購入することが多くなりました。


そして、ある日。


いつものように、お酒の置かれている棚の前で、お酒を見ていると、
一番下の段に一升瓶が置かれているのに気付きました。


(今まで、なぜ気付かんかった)


一升瓶。


それは、酒豪の象徴・・・。


一升瓶から注がれたお酒をお椀で受けて、「グビグビ」と喉の奥を鳴らしながら流し込む。


それが、まさしく酒豪の証し。


なんて、勝手な想像をしながら眺めていると、


あるではないですか!「いいちこ20°」が!


・・・


なんとなく、一升瓶から発せられるオーラに負けて手に取ってみました。


一升瓶の首のところを握り、持ち上げてみると意外と軽い。


スッと目の前まで持ち上げると、気分は中島誠之助さんに早変わり。


眼鏡の奥のつぶらな瞳をキラリーン☆と光らせると、値踏みするかのような視線を一升瓶に送ります。


ん~~~、いい仕事してますね~~。


口には出しませんでしたが、私の頭の中では言っていました。


なんとなく値段を見ると、一本1260円。


そして、900mℓの瓶をみると、一本735円・・・。


な、なんですとーー!


や、安いではありませんか・・・、一升瓶。


・・・、ちょっと固まってました。


いや、悩んでました。


この曜日のこの時間、レジにはいつもの人がいる。


「あ、今日もお酒を買っていくのね・・・」
「今度は、○○(銘柄)の焼酎を買っていくのね・・・」


口には出していないが、こんな感じなことを言っているのではないかと、
私は自分勝手な妄想をお会計時に繰り拡げる。


なので、一升瓶を抱えていったらどんなに思うだろう。


「なんと!今日は一升瓶を買うのね・・・」
「最近は飲みすぎなんじゃないかしら・・・」
「これじゃぁ、アルコール中毒に猫まっしぐらね!」


なんてことを思われるだろうと、妄想はますますエスカレート。


そんなこんなで固まって悩んでました。


しかし、この日は身も凍えるような寒い夜。


アルコールを流し込んで、体の内側から温めないと私は死んでしまう・・・。


何ともおかしな購入動機を探し出したことで、意が決しました。


一升瓶を握りしめ、私はレジへと進みだす。


そして、ちょっとドキドキしながら、お会計を待ちます。


私の番がやってきて、一升瓶をドカッと台の上に置きました。


--------------------------------


店員さんは、一升瓶を手に取った後、私の顔を一度見ました。


バーコードを専用の機械で読み取り、金額を読み上げます。


「千二百六十円です」


「フッ」と鼻から息が漏れるのが聞こえました。


私は、お財布から顔を定員さんのほうに向けると


その口元は、大物芸人H.Mのようにニヤリとしていました。


そして、その表情を見てみると、


「とうとう、一升瓶に手を出しましたか・・・」
「あなたに酒豪の称号を授けましょう・・・」


そんな風に書いてありました。


--------------------------------


なんてことはなく、素敵な笑顔でお会計を済ましてくれました。


私は家に帰り、この人生初の出来事を写真に収めるべく、au携帯で写真をパシャリ!


それが、この写真です。
いいちこ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

川口整体院の院長

Author:川口整体院の院長
東京都あきる野市出身

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。